2013年12月09日

CHU@NY→AZ・・・

さて、すでにもう何年ぶりかさえも忘れてしまった CHU@NYです。アメリカに来て10年がたちました。
こんなに長くご無沙汰していると、いろいろとご報告があります。まず、2年前に結婚しました。相手はあのドイツのおじさんです。ずっと、結婚はしないでいたいな〜と思っていたのですが、ドイツ人と日本人がアメリカで一緒に生活していくには、結婚するのが一番便利で結婚しました。自分でも、私が結婚した事に驚いてます。しかも17歳年上のドイツ人だなんて。人生いろいろです。まぁ、結婚したからといって何も変わってないし、結婚前と同じ生活をしているんですが、それでも、やっぱり結婚というステータスが窮屈です。

それと、ドイツのおじさんの転勤で、1年前にニューヨークからアリゾナに引っ越しました。ア リゾナに来て分かった事は、ニューヨークはアメリカじゃない!! ニューヨークは人種の坩堝って言われるだけあって、日本人なんて毎日会うし、私の通っていた大学には、両親ともにアメリカ人って人には1人しか会った事がないぐらいです。会社でも、いろな人種、宗教、文化が入り混じって、もどかしい反面、日本人である事は特別ではなく、たくさんいるアメリカ人じゃない人の一人でした。アリゾナはね、アメリカ人ばかりなのです。白人が多い。アリゾナに来て一番初めに感じた事は有色人種が少ない事と、英語をしゃべられる人が多い事。どうやってニューヨークで生きていくかは、自分の選択が大きいとは思うけど、ニューヨークで生まれたのに、英語ができない人はたくさんいました。チャイナタウン、ロシアンタウン、インディアンタウン等、自分の町で過ごせ ば、英語は必要ないです。ところが、アリゾナでは、メキシコ系スパーマーケットのレジのおばちゃんも、中国系スーパーマーケットの店員も、インドカレーレストランの店員も皆、英語をしゃべります。

あと、アリゾナはニューヨークと比べるとやっぱり刺激が少ないのよね〜。ニューヨークの刺激の多い生活が大好きだったからか、年のせいか、アリゾナに慣れるのは大変なのです。ニューヨークが恋しい〜。

そんなわけで、アリゾナに来て、初めて、外国人の気持ちが分かる様になりました。それと、自分の英語の通じなさ…皆さん、日本にいる外国人には媚びることなく優しくあげて下さい。

最後に永住権(グリーンカード)が取れました。これがあると、10年に 一度更新さえすれば、ほぼアメリカ人と同じ扱いを受けられます。便利です。あっ、もう一個ありました。2年くらい前かな、CAP(アメリカの公認会計士)の試験に全部受かりました。只今、資格申請中です。
こうやって書き出してみると、結構大きな出来事があったんですね〜、しみじみ。
そうそう、私,就職もしたんですよね。私が、アメリカで働きはじめて、はじめてのCHU@NYだと思うので、ちょっとアメリカで働くって事を書いてみたいと思ったけど、結構字数がいってしまったので、それは次回のCHU@NYで書きます。あっ、そうそう次回からCHU@AZにタイトル変更して送ります。皆さん的はどうでもいいと思うんですが、私がはやくNYへの未練をたちきるために、タイトル変えます。あ〜、NYに帰りたい。。。。まぁ、そんなこんなで、私は毎日元気です。

chuの今日の日本人なら
かぼちゃは冬至の日に食べて下さい。なによ、ハローウィーンにパンプキンって




posted by CHU at 19:01| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!!って誰でしょう?
Posted by しょうじ at 2013年12月30日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。